ブラックリスト中に自己破産をした方がお得なケースと損するケース

ブラックリストに入っているときに自己破産をすると、金融機関の審査に通らない期間に影響が出ます。

 

自己破産をすると、信用情報がブラック属性となりますが、その期間は5年〜10年間です。

 

自己破産の場合の記録保存期間
全国銀行個人信用情報センター:10年
株式会社 シー・アイ・シー(CIC):7年
株式会社日本信用情報機構:5年

 

問題は、自己破産をすることでメリットが出るのか、それともデメリットが出るのかということですが、これはケースバイケースです。

 

自己破産にメリットがあるケース

500万円の借金を返済できなくなり、延滞を3ヶ月続けてしまったとします。すると、長期延滞を理由にして、ブラックリストに入ってしまいます。

 

長期延滞が理由で信用情報がブラックになってしまったら、借金を完済してから5年が経過するまでは信用情報からブラック情報が消えません。

 

借金を完済できるのが2年後ならば、合計すると7年間ブラックリストに入ってしまうことになります。借金を完済するまでに5年以上かかりそうならば、10年以上はブラックリストに入っていることになりますので、自己破産をしたほうがその意味ではメリットがあります。

 

自己破産がデメリットになるケース

500万円の借金を任意整理したあと、3年で500万円の元本を返済していく計画を立てましたが、なんらかの理由で支払いができなくなり、結局自己破産をすることになったとします。

 

すると、すでに任意整理をしてブラックリストに入っていますが、任意整理を成功させたら、和解をした時点から5年でブラック情報が消えているところでした。

 

しかし、自己破産をしてしまえば、ブラックリストに入っている期間が、自己破産をした時点から5年〜10年間になってしまいます。この場合、信用情報がブラックになっている期間がかなり延びてしまうので、大きなデメリットがあることになります。

 

このように、自己破産をするとブラックリストに入っている期間に影響が出てしまいます。しかし、自己破産をしなければならない人というのは、借金が原因で生活が困難になっている人でしょうから、借金をゼロにするメリットもそれなりに大きいです。

 

メリットとデメリットを総合的に比較をして、メリットが大きいことを確認してから、弁護士に依頼をしましょう。